ラクトフェリンを飲む目的|ラクトフェリンサプリNO1

どんな目的でラクトフェリンを摂取して人が多いの?

中高年のぽっこりお腹の減少サポート

中高年になると、どうしてもお腹だけぽっこりなんてこともあるようです。また最近は健康診断などの結果でも、コレステロールや中性脂肪など、ぽっこりお腹に関係する数値に要注意のコメントがつくことも。そんなことから中高年の人の中でも、ぽっこりお腹への意識がとても高まっています。その高まりがラクトフェリンの人気にも、大きくかかわっているのではないでしょうか。
ラクトフェリンが内臓脂肪の低減サポートにかかわっていることが、ライオンの研究によって世界中に報告されています。臨床試験でも1日ラクトフェリン300mgを8週間摂取して、内臓脂肪面積が平均12.8?も低減、BMIも平均0.9s/uの低減という素晴しい結果が出ています。
また、脂肪分解酵素であるリパーゼの脂肪分解をサポートし、cAMP(環状アデノシン-リン酸)の濃度の向上、脂肪の蓄積抑制サポートも確認されたのです。このような結果からも中高年の、ぽっこりお腹を意識しているラクトフェリン摂取は多いと言えそうです。

 

毎日のすっきりサポート

食生活が乱れて来ている現在、やはり食物繊維の摂取も減り毎日のすっきりがスムーズでない人も多いようです。そんな毎日のスムーズのお手伝いを期待したラクトフェリンファンも多いのではないでしょうか。ラクトフェリンはお腹の中で善玉菌の餌となり、悪玉菌を弱らせる乳酸を出すお手伝いをしています。
またラクトフェリンは性質上強力に鉄分と結合するため、腸の中でも鉄分と結合していきます。しかし腸の中の鉄分は悪玉菌の大好物。悪玉菌が増殖するときにはこの鉄分が不可欠です。つまりラクトフェリンは存在するだけで、悪玉菌の増殖を抑制するサポートをしてくれることになります。

 

目の潤いをサポート

現代病とも言えるほど、最近はブルーライトによる目のかさかさが増えています。目に潤いがなくなると、微量なゴミでも傷がつき、また細菌などによるトラブルにも発展しかねません。ブルーライトは特にパソコンや携帯の画面から出るライトですが、とても目に刺激が強く目の潤いにも影響が出てしまいます。
しかし現在これらの画面を長期間見ることが必要な人たちも多く、どうしても目の潤いがなくなっている人が増えています。ラクトフェリンはもともと目に存在している成分でもあり、また眼病によるドライアイの改善サポートにラクトフェリンが深くかかわっている研究結果も発表され確認されています。そのため毎日の生活による目の潤いのためにも、ラクトフェリンのお手伝いを期待している人もいるのではないでしょうか。