ラクトフェリンを摂取するには|ラクトフェリンサプリNO1

ラクトフェリンの摂取方法

牛乳からの摂取

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に多く含まれています。そのため現在は牛の生乳からラクトフェリンを抽出したサプリがほとんどです。そこで牛乳を飲めば、ラクトフェリンが摂れるのかという人もいるかもしれません。
しかし実際に加熱処理をした牛乳からは一切期待ができません。また新鮮な絞りたての生乳であれば100mlの中に30mg程度含まれていますが、1日300mg摂取したいと考えれば約1000mlの新鮮な生乳を摂取することが必要になります。
また非加熱処理の牛乳なら少し希望があります。非加熱処理の牛乳100mlには約15〜20mg含まれていると言われており、300mgのラクトフェリンを摂取するには2000ml近く飲む必要があるわけです。これはとても難しいと言えそうです。

 

他の乳製品でも

例えば非加熱処理のチーズの場合は、100gの中にラクトフェリンは約30mg含まれていると言われています。しかしこれも300mgのラクトフェリンを摂るためには1000gのチーズが必要になります。このようにバターなどにも少量含まれていますが、ラクトフェリンを感じられるまで摂取することは難しいでしょう。

 

ラクトフェリンはサプリから

以上のように食品からラクトフェリンを摂取することは、とても難しいと言えるのです。そこでラクトフェリンを1日300mg摂取するためには、やはりラクトフェリンサプリから摂取することが一番のようです。ラクトフェリンサプリは食べ物なので、特に飲むタイミングも決りはなく、忘れないように摂取して続けてみましょう。
またラクトフェリンを感じる期間も、食品なのでどのぐらい摂取したら必ず感じられるというものではありません。しかし臨床試験などの摂取期間を見ると、大体8週間の期間を使っているので最低でも8週間は試してみたいものです。
そしてラクトフェリンの元気サポートを、人それぞれの感じ方で感じられるのではないでしょうか。またサプリはいろいろなメーカーから出ており、それぞれの特徴があるので自分の目的に合ったラクトフェリンサプリを選択するといいのではないでしょうか。また信頼のできるメーカーのサプリを選ぶこともおすすめです。